· 

OGチャレンジマッチ

第4回関東中学生女子野球大会から一週間が経ちました。この大会では、チームを2つに分けて臨みました。

しかし、結果はAチームは得失点差で予選リーグ敗退、Bチームは3位決定戦で敗れ、4位という悔しい結果となりました。
大会後に、選手1人ずつ面談をして、それぞれの思いや考えを共有しました。

関東大会後の9月2日に、第5期千葉マリーンズOGが、第8期千葉マリーンズ(現役)のために、集結してくれました。

第5期生のほとんどの選手が、地元の秀明八千代高校に進学し、女子野球部に所属していました。また、今春の全国大会で準優勝という好成績を収めました。

そんな素晴らしいOGが、わざわざ千葉マリーンズのために、練習試合をしてくれました。
千葉マリーンズの選手は、先輩たちの気合いの入ったウォーミングアップや、体の大きさや動きに終始、圧倒されっぱなしでした。
初回から第5期生OGが、強烈な打球を打つなど、猛攻撃で失点する、あまり良くない立ち上がりとなりました。
やはり、高校3年間でさらに進化をした、OGたちは打線が繋がると止まりませんでした。

7点リードされた4回裏の千葉マリーンズも、持ち前の強力打線が繋がり、4点を返して、現役生としての意地を見せましたが…

力及ばずに、OGに負けてしまいました。
上の写真の、三上実穂選手は女子プロ野球の入団テストに合格し、来年からは女子プロ野球選手として活躍をします。
千葉マリーンズ出身では、女子プロ野球選手第1号となりました。
ぜひ、がんばってほしいと思います。みなさん、応援よろしくお願いします。
最後に、第5期生のOGから、第8期千葉マリーンズの選手に向けて、こんな話しがありました。

『私たちの代では、全国優勝することができず、監督に恩返しできませんでした。ぜひ、私たちが果たせなかった全国優勝をして、監督に恩返しをしてください。』

第5期生OGから第8期生に全国優勝を託されました。
ぜひ、先輩たちの分まで精一杯プレーして、日本一目指してがんばりましょう!