· 

全国大会3日目

全国大会3日目

大型台風の影響が心配されましたが、朝起床した時には台風が通り過ぎ、とても良い天気になりました。
今朝は、東本願寺まで散歩をしました。昨日に訪れた西本願寺とは、全く異なる雰囲気で、京の都の歴史を感じました。

試合時間が台風の影響で遅れたため、午前中は宿舎で時間をかけてミーティングをしました。細かいことまで、共通理解することができ、有意義な時間でした。

早めの昼食を食べ、伏見桃山城(野球場)にいざ、出陣!!
いよいよ、全国大会の初戦の愛知県代表のアドバンスジュニアとの決戦が始まりました。
スタンドには、ホームグラウンドでの試合と錯覚するぐらい、多くの保護者、中学校の顧問の先生に来ていただきました。

初回にミスで2人を出塁させ、長打を打たれて3失点と苦しい立ち上がりとなりました。
その裏の攻撃で、先頭打者がヒットで出塁しました。しかし、後続が抑えられ無得点。
最終回に、打線がようやく繋がってきましたが、残念ながら2対6で負けてしまいました。
初の全国の舞台は、苦い思い出となってしまいました。

「過去は変えられないけど、未来は変えられる。未来が変われば、過去の意味は変えられる。」
この言葉がふと、頭の中に浮かんできました。

「京都の全国大会の結果があったから、千葉マリーンズはさらにチーム力が上がり、最後の全国大会で優勝することができた」

さあ、立ち止まらずに、次に歩みだしましょう!