· 

壮行試合

 今週の土曜日からさいたま市で開催される関東・東北・北信越女子中学軟式野球大会に向けて、壮行試合を行いました。

 対戦相手は、第7期千葉マリーンズOGです。全員、無事に進路が決定し多くのOGが壮行試合に参加をしてくれました。

 

 第7期千葉マリーンズOGは気合い十分で、グランドに大声を響かせながらアップをしていました。しかし、現役を離れ5ヶ月で動きにキレが無くなっていました...。アップを終えると息があがってしまう選手もいました。


 

 7期OGが先攻、第8期千葉マリーンズが後攻で壮行試合がプレイボールしました。

8期生は経験豊富なエース右腕、7期生は巧みな投球術が持ち味の左腕エースが先発をしました。8期生は序盤にスコアリングポジションにランナーを進めますが、タイムリーが出ずにチャンスを潰しました。

3回表に、四球とエラーなどが重なり、1アウト満塁のピンチを迎えました。何とかこのピンチをしのぎたかったですが、痛恨の押し出し四球と、サード強襲安打で2点を奪われました。

 

 8期生も連打が出て3点を挙げ、一気に逆転に成功しました。最終的にもう1点追加して、4対2で8期千葉マリーンズ(現役生)が勝利しました。


 

 7期生OGは、高校進学後に、女子野球部に入部する選手、ソフトボール部に入部する選手、高校野球のマネージャーとして野球に携わる選手、他競技の部活に入部する選手などがいます。それぞれ進むべき道は異なりますが、ぜひ次のステージでの活躍を期待しています。

 本当に、2年間ありがとうございました。